バックカントリースキー講習

週末はきたるBCスキーシーズンに向けてリフレッシュも兼ねて初心者講習行いました。本当は上州武尊山の予定でしたが、雪不足の懸念や宿泊施設への配慮等々で最終的に谷川周辺で行いました。今回の参加者はBCスキー上級者から初心者までのMIX、テレマークもボードも参加(スプリットボード)。どうなるかなぁ~とは思いましたが、ツアーではないので逆に色々な事を知る良い経験になったと思いました。
忘れ物、自分の装備への知識不足、装備の不具合、色々なトラブルが発生しました。道具も使ってなかったわけですからシーズンの初めにはいろんな事がおこるものですよね。改めて山に行く前にこういう点検講習をするべきだと思いました。
天候も1日目は小雪降る寒い日で2日目は暖かい晴れ日和と経験出来ました。講習内容はビーコンの使い方に始まりシールの使い方、ツエルトを設営、斜面の登り方、滑り方、ビバーク等々盛りだくさん。夜も装備の点検と説明&簡単な地図読みなど、大きなお部屋を頂いたので換気に注意して行いました。初心者講習の割にサービス精神が多いツヴェートガイド、詰めすぎやり過ぎで参加者が目一杯になってしまったかもしれません。でもツヴェートさん曰く「冬山は登山道があるわけでは無いし、初心者も上級者も分けてくれない、天候で斜面は初級にでも上級にでもなり得るので入る人はみんな知っておくべき」との事でした。納得。
このような講習は山友グループ、山岳会を対象にプライベートベースで出来ますので、是非ご相談くださいませ。ただC&C.JAPANでは新型コロナ感染拡大防止の為、現在定員MAX6人での講習を行っております。