スロベニアで日本の食事/Japanese home cooking in Slovenia

スロベニアで日本仕様の料理を作ってみました。上段は我が家の庭の渋柿を試しに干したモノです。今年は100個ぐらい採れましたが、完熟しないと渋みが取れないというので、焼酎のような強い酒をヘタにつけたモノと、干し柿を試してみました。焼酎の方は成功しましたけど、問題は一人暮らしだと食べるのが追いつかないので干し柿が成功すれば画期的です!スロベニアでやってる人いるのかなぁ・・?
スロベニアでも柿は普通に出回っていて、庭でも育ています(南の方が多いかな)。甘柿はスライスして乾燥させチップにして食べてます。これも美味しいですが、家のは渋柿なので干し柿が成功すれば嬉しいな♪
2段目は農家から大量にピーマンいただいたので作ってみました。(ビニールハウスがあるのでトマトも11月なのにまだなってます)こちらの人ってあまり野菜料理のバラエティーが多くない様で、こんなものでも色々つくると驚いてくれます。特にここは山岳地方だからか、食事は肉料理がメインで野菜は添え物とか野菜スープとかサラダで使われることが多いです。私達は2人で一回の食事に100gの肉と野菜で充分ですが、こちらの人は1人が200g以上のお肉を食べるのが普通です。現代は野菜も豊富に買えるけど、元々は地質的にアジアに比べて野菜が貴重だったからだと私は思っています。なので炒める食文化もあまりありません(貴重な野菜を炒めちゃうと少なくなっちゃうし・・)
CO2削減で人口肉を考える前に、西洋人の食生活を改善したら?と思ってしまいます(笑)
一番下は家庭料理では無いですけど今回、日本から陶板焼きセットを運んで来てみました!友人や親類を驚かし楽しませようと思ったのですが、スロベニアは現在かなりコロナが蔓延していて、85才のお母さんと同居の身では(フロアは別)、友達を呼ぶ気分になれません。日本が収まってからこっちに来たのですが、こっちのコロナも早く収まらないかなぁ・・