コロナ事情 in Slovenia

スロヴェニアの新規感染者は一時期よりはぐっと減って2000人以下、ただ先日、金曜の死亡は18人と変わらず高いのが現状です(日本の人口に照らすと1080人)、オミクロンは確認されてないらしいです。
今週からスロヴェニアでは屋台での飲食提供が出来なくなりました。写真は先週11月28日のスロヴェニア首都リュブリャーナ、EUアウトドア・フィルムフェスを観た後に寄った時の写真です。室内ではマスク必須のスロヴェニアでは屋外だとみんなマスク無しで会話を楽しんでます。なのでクリスマスに向けて政府のこの処置は新たな反感を生みそうです。首都のこの辺りは毎週の様に「ワクチン反対派」がデモを行っています。隣のオーストリアでは先日4万人ものデモが行われました。「ワクチン」に関しては懐疑派が多く、ワクチンを先行したスロヴェニアなのに、未だ55%の接種率。学校など公的な所では48時間に1回のPCRテスト、もしくは簡易テストを無料で義務づけているのですが、「今後ワクチンを接種してない人は有料」とか「ワクチン打たない人は入院させるべきでは無い!」との意見も出てきて国民が分裂しつつあります。
私達はと言うと、殆ど友人との接触は無いモノの、平日の晴れている日は毎週の様に150kmほど南下してクライミングを楽しんでます。帰国予定は12月28日。11月末の岸田発言を受けてターキッシュエアで予約した飛行機は1月迄飛ばないと聞かされてビックリしましたが、今は「11月に買ったチケットなら飛ぶ予定」との事。でもルールはころころ変わるらしく航空会社も困惑してるようです。帰れるかなぁ~